ヴィトックスαとゼクノリンの特徴や成分を比較してみる

ペニス増大は手術やトレーニングだけではなく、サプリメントでも促すことが可能です。
手軽に続けられ、ペニスを傷つける心配がないことが特長です。
そんなペニス増大サプリメントでも人気となっている「ヴィトックスα」と「ゼクノリン」。
果たしてこの両者ではどちらが優れているのか?
それぞれの特徴や成分を比較してみたいと思います。

まずは成分です。
ヴィトックスαの主成分はL-シトルリン。
男性用サプリメントによく使われており、血管拡張作用を持っていますのでペニス増大効果が期待できます。
その他にも成長ホルモン分泌効果のあるアルギニン・定番となっているマカ・セックスミネラルと呼ばれる亜鉛・疲労回復効果もあるガラナ・天然のバイアグラと呼ばれる赤ガウクルアが含まれています。
一方のゼクノリンを見ていきますと、ペニス成長効果のあるロンギフォリア・男性ホルモンの分泌を促進するロディオラ・血管拡張作用のあるムイラプアマ・そしてマカが含まれています。
成分を比較してみますと、ヴィトックスαには有名成分ばかりが含まれています。
それを考えると、ゼクノリンの方はマカ以外はあまり聞き覚えのない成分ばかりです。
もちろん有名な方が効くとは限りませんし、ゼクノリンには独自性があるとも言えます。
ただ、手堅くいくのならヴィトックスαの方がいいのかもしれません。

続いては値段です。
ヴィトックスはα公式サイトより、1箱30日分を12800円で購入をすることができます。
一方のゼクノリンは公式サイトより、1箱30日分を13800円で購入をすることができます。
ヴィトックスαの方が少し安く売られています。
ただ公式サイトでは、どちらもまとめ買いをすることにより1箱あたりの値段が安くなっていきます。
2箱目まではヴィトックスαの方が安いのですが、3箱目以上のまとめ買いになりますとゼクノリンが逆転をします。
そのため値段は、一度に購入する個数によってどちらが安いか変わっていきます。

最後はサプリメントに重要な安全性です。
これに関してはどちらも薬ではなく天然成分の配合により作られていますので、ほぼ互角ではないでしょうか。
どちらも安全性は高いのですが、だからといって用量は破らないようにしましょう。

いかがでしょうか?
どちらも人気商品なだけあって、天然の成分がふんだんに使われています。
どちらもよさそうですが、個人的にはL-シトルリンが含まれているヴィトックスαでしょうか。
この成分が入っていないと、なんとなく落ち着きません。

© 2020 ヴィトックスαを飲んでみました。-効果と口コミのギャップを検証中 All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ