ペニスの曲がりが気になる…原因は?治すことはできる?

人によりますが、ペニスは右か左に曲がっているのが一般的です。
ただし、これは勃起していない状態の場合で、勃起時にペニスが曲がっている方も中にはいらっしゃると思います。
しかし、勃起した際にペニスが曲がってしまうのは、あまり好ましいことではないのです。

特に勃起時に右か左に曲がってしまうケース、円を描くように曲がるケースは注意しなければいけません。
ペニスの血流が悪くなるだけでなく、勃起の際に痛みを伴う場合があるのです。
健康的な状態とは決して言えませんので、なるべく早く矯正する必要があります。

ペニスが曲がってしまう原因は人によって様々ですが、ペニスを包んでいる膜の変形が原因と言われています。
ペニスは陰茎白膜という膜に包まれており、これが長年のペニスの位置や、一部の病気によって形が変わり、屈曲すると言われています。

しかし、一度曲がったものを元に戻すのは難しいと考えがちですが、実は治す方法も色々あります。
一番手軽な方法は、普段からペニスの位置を確認し、反対方向へ戻す方法ではないでしょうか。

例えば普段左に曲がっている方は右へ、右の方は左へ意識して曲げることで、徐々に矯正されていきます。
ただし、どの程度戻るかは不明瞭で、時間も掛かってしまうのが難点です。
少し曲がっている程度なら、この方法で矯正するのも良いでしょう。

すでに痛みを伴っているような場合や屈曲がひどい場合、手術か矯正器具を使って治すことがおすすめです。
手術と矯正器具を一緒に行う方法もありますが、クリニックなどでカウンセリングを受けるのが良いでしょう。
最も確実にペニスを矯正できる方法とも言えますが、費用が掛かってしまう点には注意が必要です。
どの程度の期間で屈曲が治るかも人それぞれですので注意しましょう。

また、屈曲ペニスを緩和するならペニス増大という方法もあります。
ペニスそのもののサイズを大きくすることで、屈曲が緩和される可能性があるのです。
特に気になっている方は、まずペニス増大から試してみるのも良いでしょう。

そのために利用するのがペニス増大サプリです。
中でも価格が手ごろなヴィトックスαなら、気軽に始めることができます。
様々な成分も配合されていますので、ヴィトックスαで屈曲したペニスに対処してみてはいかがでしょうか。

曲がってしまったペニスは治すことが可能です。
勃起時に痛みを伴うことも珍しくありませんので、早めに治すことをおすすめします。

© 2020 ヴィトックスαを飲んでみました。-効果と口コミのギャップを検証中 All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ